スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

司法書士試験合格後の特別研修について ~その2~

こんにちは、LEC福岡本校の新15ヶ月コース(春生)出身、
現在赤坂の事務所で勤務司法書士をしております「まる」です。

さてさて、今回も新人研修についてお話したいと思います。

ではさっそく皆さんが一番気になるであろう特別研修について。
司法書士が簡裁訴訟代理関係業務を行う資格を得るために認定考査という試験を
受けますが、
その試験を受ける受験資格がこの特別研修を修了したこととなります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この研修、欠席(正当な理由のある欠席、
例えば冠婚葬祭等による欠席は認められます。)はおろか遅刻も許されません。

まるは友人の結婚式と研修がかぶっていましたがお休みをもらうことができませんでした。
(3親等以内だったかな?結婚式等による欠席であっても正当な理由のある欠席と認められる
には制限があります。)

とゆうことで、なかなか厳しい特別研修ですが、全国8箇所(福岡会場あり)で実施されます。
九州及び沖縄の合格者の方は福岡会場を選ぶので
全体メンバーは新人研修と変わらない感じです。

研修内容としては全体メンバーで、司法書士や弁護士の方から講義を受けるかたちは数回で、
25名くらいのグループにわけられて少数で研修を行っていきます。

訴状等の書き方や裁判のすすめ方などが講義の中心となりますが、
メインとして模擬裁判があります。

最終的に担当のチューターさんが勝ち負けの判断をしてくださるからかな?
みんなけっこう本気で頑張ります。

研修自体は与えられた課題等をきちんとこなしていけば問題ありません。
その後に待ち構えてる認定考査についてはまたの機会にブログでお話できればなと。

最後は配属研修について。

実際、司法書士事務所にお邪魔して実務を見させてもらえるこの研修、
これ、とってもよいです。

何がよいかというと、普段見ることのできない他の事務所の様子がいっぱい見れちゃう。
特にまるがチェックしておいたがいいのではと思うおすすめポイントは、
依頼を受けた事件の情報管理の仕方。

仕事をしていて、「以前お世話になった者ですがまた依頼したいんだけど」
という連絡もちょくちょくあります。
勤務の場合、自分が在籍していない昔の案件のお客様だったりするから、
そこで重要となってくるのが事件管理。

ささっとそのお客様の情報をだすことができればとってもスムーズ。
似たような案件がきた場合、参考資料としても使えますし、
仕事をするにつれどんどん増える情報の管理の仕方は個々の事務所のカラーがあって、
とっても勉強になります。

という感じで、ざっくり新人研修についてお話させてもらいました。

ではでは、また次回の更新で。
スポンサーサイト

Pagetop


プロフィール

LEC福岡本校

Author:LEC福岡本校
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。