スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

根抵当権の極度額変更登記

こんにちは、LEC福岡本校の新15ヶ月コース(春生)出身、
現在赤坂の事務所で勤務司法書士をしております「まる」です。

今週末の出来事です。

いつもお仕事をくださる社長さんから登記の依頼を頂きました。
内容は、根抵当権抹消と根抵当権減額変更とのこと。
すぐに設定銀行さんと打ち合わせの電話をさせてもらうことに。

すると、上記2件の他に根抵当権増額変更もあることが発覚。
銀行さんの希望で、来週対面しての打ち合わせが決まりました。
なんでも、不動産の数が多く、複雑な案件だとか。

根抵当権の極度額減額変更と増額変更は初めてのお仕事です。

注意すべきことは利害関係人の承諾がいること。
特に増額変更の場合は後順位の担保権者はすべて利害関係人になるので、
承諾がとれないと変更登記はできなくなります。

また、不動産の中に子会社所有の物件もあるとのことだったので
利益相反に該当しないかの確認もしないといけません。

初めての登記は楽しみであるけれど、緊張感があります。
打ち合わせの前には下調べをし、気をつけるべき注意点を見つけておく必要があります。

受験時代だと、書式で何か間違えると減点で返却されます。
間違いが1つや2つだと高得点として扱われますが、実務は違います。

ミスが許されないのです。
限りなく完璧を求められます。

仕事をしていると、「先生」と呼ばれることが多々あります。
そして自分の判断で仕事が動いていきます。

それは実務経験があるなし関係なくです。

依頼者からみれば実務1年目の司法書士も、実務10年目の司法書士も、同じ司法書士。
プレッシャーはありますが、「あなたに頼んでよかった」との言葉を依頼者さんに頂いた時、
「司法書士でよかった」と改めて思う瞬間です。

2月になってますますインフルエンザがはやっていますが、体調には十分気を付けて、
今月も頑張っていきましょう。

では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

Pagetop


プロフィール

LEC福岡本校

Author:LEC福岡本校
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。