スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

「夏のすごし方」

皆様、こんにちわ。

LEC福岡校 合格アドバイザーの島田雄左です。

本試験お疲れ様でした。

試験結果いかがでしたか?

この時期は色々と反省をする時期です。

私自身、合格するまでに3回受験しましたので、
基準点に届かない悔しさ、基準点超えたけど合格かわからない不安感
を経験しました。
最後の年も、結果発表までは、安堵できずに精神的に押しつぶされそうでした。

ということで、今回は夏の過ごし方というテーマです。
過ごし方は本試験の獲得点数によって変わります!

まず申し上げたいのは、自己採点はしてください!

現状がわからないのでは、合格までどのくらいの距離があるのかわかりません。

個人的には以下に分類できると思います。

①21点以下
②22点~28点
③29点以上

あなたはどの番号ですか?

①の方・・・厳しい言葉ですが、基礎が足りません!
Aランク問題。いわゆる60%以上の方が正解する問題を指します。
本試験では役22問~25問程度でます。
①の方はAランク問題ができていませんので、まずは過去問をもう一度見直しましょう。
時間がある方は20年分。時間がない方は10年分でもいいのではないでしょうか。

②の方・・・・精度をUPしましょう!
基礎はできています。ここからが勝負です。
過去問の精度を上げましょう。よく聞く言葉・・・「過去問は飽きた」
いいんです飽きても。それくらいやりこみましょう。
過去問の答えが分かったから、正解ですか?それでは合格できません。
*正誤が判断できる
*理由が分かる
*条文の根拠がわかる
*反対問題が作成できる
*ひとつの問題からキーワードが5個以上浮かぶ。
(たとえば・・相続放棄が問題のテーマならば、民法915条。3ヶ月。知ってから。家庭裁判所の許可は不要。遺留分は許可がいるなど。)
このような意識で取り組んでみてください!確実に精度が上がりますし、過去問は解くたびに違う発見があるはずです。

③の方・・・何も変える必要はありません。そのまま進んでください。
充分に合格レベルです。試験には運の要素があります。実力があっても、受からないことはあります。
そこで腐らず、耐え忍ぶことができるかで、来年の結果は変わります。
たとえば試験の相性。教室の環境、食事など。要素はさまざまです。
運を引き寄せるコツは・・すべてをプラス思考でいきましょう!
勉強方法はそのままです。過去問という基礎からブレない!
ここまで点数が来ると不思議なことにあまり点数に変化は起きません。
私も最後の年はフルタイムで働いていましたが、答練でも成績は落ちませんでした。
なぜか?その答えは基礎はできているからです。
難しいことに手を出す必要はないので、秋もしくは年明けの答練に向けて、基礎をもう一度やりましょう。

一般的なケースをあげました。

夏休み、一度過ごし方を振り返ってはいかがでしょうか?

勉強方法が分からない方や今後の方針はどうしようと悩んでいるかたは
個別に質問してください。








スポンサーサイト

Pagetop


プロフィール

LEC福岡本校

Author:LEC福岡本校
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。